デオドラントの違い

普通に外出するときと、部屋でくつろいでいるとき、運動するとき、緊張したときで全部使うデオドラントを変えています。部屋でくつろいでいるときと運動するときはデオドラントを使わずに、肌を休ませています。休ませる日がないと、肌がボロボロになりそうです。デオドラントを使うと肌に負担がかかるから、休ませる日がほしいです。普通に外出するときはワキにデオドラントを塗っています。汗が止まって、ニオイも出ません。その日の外出時間に合わせて、数時間で効果が切れるものや一日もつものを使い分けています。数時間のデオドラントを塗って出かけて、途中で帰宅しないとわかったら、二度塗りや三度塗りしています。二度塗りするときは、最初に塗ったデオドラントを汗ふきシートで拭き取って、肌をキレイにしてから二度塗りします。もし、汗が出ていたら、汗腺を引き締めるために、冷たいペットボトルをその場所にあてます。汗が出なくなったら、もういちど汗ふきシートで拭いて、デオドラントを塗ります。これを何度も繰り返します。面倒だと思ったときは、一日持つものを最初から塗って出かけています。手に汗をかいたときは手汗用のデオドラントを使います。ワキ汗よりも手汗の制汗剤を使った方が良いと思います。